【腰痛対策】腰痛を根本から治すには高反発マットレスが効く!?【美容師さん必見】

立ち仕事と日々のシャンプー業務などで、美容師さんに多く発症するのが、【腰痛】です。

美容師さんの三大悩みの種は、腱鞘炎・腰痛・肌荒れ、ではないでしょうか。

特に、ギックリ腰など発症してしまうと仕事にならない【腰痛】に焦点を絞って、腰痛に一番効果があると思われる解決方法をお伝えします。

【腰痛対策】腰痛を根本から治すには高反発マットレスが効く!?【美容師さん必見】

腰痛対策として、営業中にコルセットなどで補強する方法もありますが、一番重要なのは【OFFの時間にどれだけ回復出来るか】です。

腰を休めるのは、入浴時やマッサージ、そして【睡眠】です。

以外とあまり意識されていない方が多いですが、睡眠のコンディションを整える事は日々の生活の中でとても重要です。

その人その人に合った寝具がありますが、【腰痛持ちの方へは、高反発マットレス】が特におすすめです。

スポンサーリンク

高反発マットレスってなに?

【高反発マットレス】は、寝返りのしやすさと体重を分散する事で体への負担を減らせるマットです。

体重がかかり圧のかかった部分を強い力で押し返してくれますので、寝返りをする場合も押し上げて寝返りをしやすくしてくれます。

反対に、低反発マットレスは沈み込んで体を包み込んでくれる心地よい眠りを提供してくれますが、体が沈み込んでいるので寝返りが打ちにくく、腰も曲がってしまい、よけいに腰を痛めてしまいます。

高反発マットレスが腰痛に注目されている理由

人は横になると、次の図のように荷重がかかります。

体重60kgの人は、腰に26.4kgの荷重がかかる計算になります。

柔らかく沈み込みやすいマットレスだと、腰の部分が一番深く沈み込んで腰に負担をかけてしまいます。

高反発マットレスは、体の各部位の沈み込みやすい部分を包み込み、沈み込み過ぎないように反発して押し上げます。

これにより、体の芯をまっすぐに維持しやすくなります。

高反発マットレスが合わない人

高反発マットレスが体に合わない人は、【体重が軽すぎて胴が長い人】です。

胸とヒップの間の湾曲部分が腰痛の原因となりやすい場所ですが、胴が長い人は、胸とヒップの間隔が長くなっています。

また、体重が軽すぎると、胸とヒップの部分が沈み込みにくく、腰の湾曲部分はそのまま湾曲したままとなります。

下の図で、体重が軽い人は腰の部分に隙間が出来てしまい、結果腰を曲げて寝てしまう事になります。

丁度よく沈み込んでいる人は、背骨の芯が真直ぐな状態で眠る事ができます。また、寝返りを打つ際にも反発する力が寝返りのサポートをしてくれますので体に負荷なく睡眠をとる事が出来ます。

高反発マットレスの選び方

高反発マットレスは、有名アスリートも愛用する事で高い注目が集まっています。

エアウィーブなどは浅田真央さんや錦織圭選手が愛用している事で有名となりました。

その人その人に合ったマットレスを選ぶ事が日々の疲れを癒すのに重要です。

厚みをチェックする

高反発マットレスは、薄いものでは3cm程度のものからあります。

体格の良い方・体重のある方では3cmではマットが沈み込んで、反発力が物足りないと思われます。

反発力が足りないと、背骨を真直ぐ整えてくれず、寝返りも打ちにくくなります。

また、厚すぎるマットレスでも良いのですが、適度な厚みのマットレスを選ぶと、現在使用しているマットの上に敷いて使う事が出来るので便利です。

持ち運びも可能なので、マットレスの厚みは10cm前後の厚みのものを選ぶと便利です。

通気性のチェック

人は寝ている間にコップ2杯分の汗をかくと言われています。

特に夏場は通気性の悪いマットレスは蒸れが気になります。ダニやカビの原因にもなりますので、適度な通気性を持ったマットレスを選ぶと良いでしょう。

衛生面から見ても、マットの通気性は大切です。

また、通気性は睡眠時の快適さを左右する重要なポイントですので要チェックです。

体重に合わせて硬さを選べるか

その人の体重と、マットの硬さが合っているかは大切なポイントです。

体重別にマットの硬さを選べる商品なら自分に合った商品を見つけやすいです。

硬すぎると体が沈み込まずに腰の部分に空間が出来て腰が曲がってしまいます。

また、柔らかすぎると腰が沈みすぎて腰が曲がってしまいます。

丁度よい硬さ・丁度良い厚みのあるマットレスを選ぶのがポイントです。

オススメの高反発マットレス

【高反発マットレス モットン】



高反発マットレスモットンは、野球界のレジェンド投手と呼ばれている山本昌さんが愛用しているマットレスです。

プロ野球選手として、最長の32年を現役で行えた理由は寝具へのこだわりがあったからだと言われています。

体重別にマットの硬さが選べる

  • 100N = 45kg以下
  • 140N = 45kg~80kg
  • 170N = 80kg以上

その他のポイント

  • 厚み10cm
  • NASAが開発した素材を使い、日本人の体に合わせて研究開発
  • 90日間の返金保証あり

モットンは、自分の体重別にマットの硬さが選べて、さらに使用して90日以内なら全額返金保証が付いているので、自分に合ったマットかどうかで失敗する事が無いのが最大の利点です。

また、女性美容師さんは体重の軽い方もいますので、通常の140Nのマットの硬さだと硬すぎる場合があります。100Nの硬さも用意してくれている点や体重の重い方用に170Nのマットも用意してくれている点が自分に合ったマットを選びやすいポイントです。

エアウィーヴ


エアウィーヴ シングル 高反発マットレスパッド 厚さ6cm

浅田真央さんや錦織圭選手が愛用している事で有名なエアウィーブです。

商品の作りや素材は素晴らしく、寝心地はとても良い商品です。

寝返りも打ちやすく、体調管理には良い商品です。

エアウィーヴのデメリット

  • 耐久性が低い。数ヶ月で反発力が弱まる場合もあり。
  • 冬は通気性の良さで寒さを感じる。
  • 価格が高い。

エアウィーブはとても良い商品ですが、コストパフォーマンスが多少高くついてしまう印象があります。持ち運びも出来るサイズなので、使い勝手は良さそうです。

エムリリー


腰痛におすすめ 【MLILYエムリリー】三つ折マットレス 敷き布団 優反発&高反発の二層構造 シングル 厚さ8cm

エムリリーは低反発と高反発を融合させたような商品です。

エムリリーは、他の高反発マットレスに比べ沈み込みが強く、腰痛対策としては少し物足りなさを感じます。

効能重視で見ると、エアウィーヴが一歩リードしている印象です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です