【最終受付】美容院、閉店間際に予約を入れてはダメな理由?【ギリギリ】

今日どうしても美容院に行きたい!昼間は面倒臭いから、夕方から美容院に行きたい!

色々な理由があって閉店間際の美容院に駆け込む事もあるかと思います。

美容院で閉店間際ギリギリの予約や来店は迷惑がられるのでしょうか?

ケースバイケースで見ていきましょう。

美容院で閉店間近の予約は避けた方がいい理由?!

58838639cc8ec785b1b0dc1989bde6b1_s

ケース1

アシスタントさんの練習会や講習会がある美容院の場合。

美容師さんが営業後に夜遅くまで残って練習している風景ってよく見ますよね。

練習会は、お店で営業後にする事が多いですが、お客さんがみんな帰ってからの練習スタートとなります。

営業が長引けば長引く程、そのお店の美容師さんは全員待っている訳です。お客さんを担当している美容師さんも内心冷や汗です。

そんな状況では当然、【早く終らせないと!】という気持ちが働いてしまいます。十分な接客が受けれない事もありますので注意が必要です。

ケース2

月給制+α(歩合給)のお店の場合。

月給制のお店の場合、お客さんが入れば入るほど、美容院を経営しているオーナーさんは儲かります。

閉店間際に来店されたお客さんも、断わらずお受けしなさい。というお店も少なくないでしょう。

ですが、実際働いてる美容師さんの立場になってみるとどうでしょうか?

営業後、時間を押して働いても、給料はさほど変わりません。

只でさえ長い時間働いてる美容師さん、【テンションが下がるのはしょうがありません】

美容師さん全員がテンションを下げているかと言えば、そうではありませんが、ちょっとゲンナリしている美容師さんも沢山居ると思います。

そうなってしまうと、美容師さんも早く帰りたい気持ちと、一日の中で一番疲れて集中力も途切れかけてる状況も相まってクオリティーの低い仕事になってしまう事もあるので注意が必用です。5675fa2900774e2ab0bca562b8d773cb_s

ケース3

悪い事ばかりでは無い?

閉店間際の美容院では、もちろん他のお客さんは少ない状況です。

ですので、美容師さんは他のお客さんとあなたを掛け持ちをしながら接客するという事が少なくなります。

あなた一人に集中して仕事をする事が出来ますので、逆にクオリティーの高い接客を受けれる場合もあります。

スポンサーリンク

閉店間際の予約の入れ方・最終受付時間

では、閉店間際の予約の入れ方はいったいどうすればいいのでしょうか?

ある美容院を例にしてお話します。

【美容院の営業時間】 9:00 ~ 19:00

【カットにかかる施術時間】 30分

【カラー&カットにかかる施術時間】 1時間30分

【パーマ&カットにかかる施術時間】 2時間

このような美容院の場合では、施術終了が19:00になるように予約を入れるようにしましょう。

カットなら、18:30

カラー&カットなら、17:30

パーマ&カットなら、17:00

これが最終受付時間だと考えてもらえばいいと思います。19:00ギリギリでも、「良いですよ」と受け付けてくれるかもしれませんが、内心はゲンナリしているかもしれません。上記の通りです。

美容院でのメニュー別施術時間は、ホットペッパーからの予約で確認出来ます→ホットペッパー ビューティー

ケースバイケースで色々な状況がありますが、基本的には閉店間際に美容院に行く事はオススメ出来ません。

忙しい美容師さんの運動量は土木作業員を超える場合もある?!と言われる程、閉店間際は美容師さんはヘトヘトになっています。

次の日も長時間労働が待ってる美容師さんですので、休ませてあげましょう。

美容院の予約はポイントも貯まるhotpepperから↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です