【美容院開業】個人事業主に必要な確定申告・青色申告ソフトはどこがオススメ?

晴れて美容院を開業する美容師さんに必要になってくるのが【確定申告】です。

今まで会社に雇われていた雇われ美容師さんは会社から給料をもらえばOKでしたが、自分で美容院を経営していくとなると、売り上げから経費を差し引いて・・自分で計算して1年の収める税金を【確定】し【申告】しに行かなければなりません。

また、ワークスタイルとして個人事業主としての雇われ美容師さんも増えてきています。このような方も【確定申告】が必要になってきます。

36415cd09c63d8164109bfacfc2dd139_s

白色申告・青色申告

確定申告には【白色申告】と【青色申告】の2種類あります。

【白色申告】・・・簡易簿記(控除無し)

【青色申告】・・・簡易簿記(10万円の控除)  複式簿記(65万円の控除)

白色申告でも法改正で簡易簿記が必要になりました。白色申告は簡易簿記を行っても税金が安くなる控除が受けられません。

青色申告は簡易簿記か複式簿記のどちらかを行う必要があります。青色申告の場合、簡易簿記でも10万円の控除が付いてきますので税金が白色申告よりも安くなります。

また、青色申告ソフトなら、自動的に複式簿記にデータを振り分けてくれたししますので、65万円の控除を受け易くなります。

個人事業主として開業するには、税金が安くなる青色申告の作業を習得する事が大切になってきます。

確定申告の時期

確定申告を行う時期は、一年のうちで大体

2月16日〜3月15日

この1ヶ月間です。

税務署は、月曜日~金曜日の8時30分〜17時まで開いていますが、大変混み合いますので朝一番で行く事をオススメします。

源泉徴収と所得税、注意する点

雇われていた時は、毎月所得税が給料から差し引かれていました。

年末の調整で払いすぎた税金が返ってくる事があったのが、今まで雇われていた方の立場です。

では、個人事業主になり確定申告を行う場合はどうなるのでしょうか?

2月16~3月15日の間に去年1年間の所得を計算する確定申告を行います。

そして、1年間の所得が決定するとそこで所得税を払うのです。

個人事業主の場合は、1年間の所得税を一括で支払いますので、3月15日の確定申告を行った後にある程度まとまった金額の所得税を【支払う】必要が出てきます。お金が必要になってきますので、しっかり用意しておきましょう。

スポンサーリンク

各種青色申告ソフトのメリット・デメリット

やよいの青色申告 \12744


やよいの青色申告 16 通常版(新消費税対応版)

メリット:王道で分かり易い

デメリット:サポートに入れとうるさい(年1万円自動更新) 税率の変更等があると新しくソフトを買わないといけない。

みんなの青色申告 \10584


みんなの青色申告17 新消費税対応版

メリット:割安感がある。初心者でも使い易い

デメリット:多少簿記の知識は必要

かるがるできる青色申告 \4104


かるがるできる青色申告2016

メリット:慣れれば簡単、コストパフォーマンスが良い。サポートも有り

デメリット:毎年ソフトを買い換えないといけない

やるぞ! 青色申告 あんしんサポートパック for Windows \9504


やるぞ! 青色申告2016 新消費税対応版(一般/不動産/農業 用)あんしんサポートパック for Windows

メリット:弥生に比べてコストパフォーマンスが良い、15ヶ月のサポート付きで安心

デメリット:多少の簿記知識が必要

外出先でも青色申告業務が出来る?クラウド型青色申告ソフト

家でパソコンの前に座らないと青色申告業務が出来ない、レシートが溜まっていく・・・

そんな不満を解消出来るのがクラウド型青色申告。

パソコンのインターネット環境がある場所なら、どのパソコンからでも自分のデータにアクセスして打ち込み業務が出来るのがクラウド型です。

月額料金を支払い利用するタイプが多いですが、年間料金で見るとソフトを買うのと同じくらいの料金設定。

多少金額はかかりますが、利便性が一番良いと言えるのがクラウド型でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です