7割の方が成功する!髪の毛がはねない乾かし方・ドライヤーの使い方

7割の方が成功する!髪の毛がはねない乾かし方

毎朝、髪の毛がハネて大変だという方は読んでみてください。

” 約7割 ”の方はこれからお伝えする乾かし方で、髪の毛が落ち着いて言う事を聞いてくれると思います。ドライヤーの使い方一つで劇的に変わります。

ae955cf6796fc4390c7c77dae8b2e9de_s

7割の方とはどういう意味?

髪の毛がはねる原因は、【くせ】と自然に流れる【毛流れ】です。

毛流れを決めるのが【つむじの向き】

日本人の約7割が、右回りのつむじです。時計回りですね。

この、右回りのつむじのせいで、右側の髪の毛と左側の髪の毛が逆の流れをしてしまうのです。

多くの人は、【右側だけはねてしまう!】という方が多いと思います。

下の図を見てください。

右がはねる

日本人の約7割は、このような毛流れで右側がハネてしまいます!

この【ハネ】を簡単シンプルに直す方法をお伝えします。

スポンサーリンク

髪の毛は形状記憶する!

ここに1本のストローがあります。

飲み口の曲がっている部分は、形状記憶の素材で作られていて曲げても元に戻ってしまう特別なストローだと思ってください。

ストロー01

飲み口の部分を曲げてみます。

ストロー02

形状記憶の性質を持っているので、曲げても元に戻ってしまいます。

どうにかして、逆向きにしたいのですがどうしたらいいでしょうか?

答えは

ストロー03

持ち手の部分をクルッと回転させると、飲み口も逆向きになりました。

これと同じ事を髪の毛にもしてあげれば、毛先の向きが変わって内巻きの落ち着いたスタイルになるのです。

普段、ハネた髪の毛を直す為に【毛先ばかり】ブローしてないですか?

ドライヤーやカールアイロンで毛先を直した直後はいいのですが、ちょっと時間が経ってくるとまた元に戻ってハネてきますよね?形状記憶のストローと一緒です。

落ち着いたスタイルで過ごす為には【根元を直しましょう!】

乾かす前に、髪の毛を濡らそう << 重要 >>

髪の毛は形状記憶だと言いましたが、これは【水素結合】というものです。

髪の毛は、濡れている状態から一度乾燥すると形状記憶するのです。

ですので、ハネを直す為には髪の毛を一度濡らしてクセをリセットしてもらう必要があります。特に頭皮付近の【根元】からしっかり濡らしてください。

朝起きて、寝癖で髪の毛がハネている事が多いと思います。

これを直す為には、髪の毛を一度濡らさないといけません。手間かもしれませんが、ハネを直したい方は頑張ってみてください。

髪の毛がハネにくい乾かし方

髪の毛の乾かし方は、2段階に分けて乾かしてください。

STEP01

【根元】を乾かす。

まず、全体の根元の向きを整えます。この段階では根元だけ意識して乾かすので、髪の毛全体は嵐にあったような感じになりますが、気にせず根元の向きを直す事だけに集中して乾かしてください。この時、毛先に水分を残すイメージで、毛先を乾かしすぎないでください。

右がはねる02

髪の毛がはねてしまう原因は、【くせの強さ】【根元の向き】なので上の図のように、髪の毛を顔の向こう側まで持っていくぐらいの勢いで根元から起こし、ドライヤーを下から【根元】に当てましょう。

その際、くせが強い人は髪の毛を引っ張りながらくせも伸ばしてあげるイメージで乾かしましょう。

右がはねる03

首まわりの髪の毛はハネやすいので、左右から髪の毛(根元)を【頭の丸さに沿わせるようなイメージ】で乾してください。

STEP02

毛先を乾かす。STEP01の段階で、毛先を乾かしすぎていなければパサパサの状態にはなってないはずです。毛先が乾燥しすぎていたら、少し水で濡らしてあげてください。

一度くしやブラシで髪の毛を整えてみてください。この時点で普段より毛先のはねが収まっているはずです。

ブラシで整えたら、ドライヤーを上から下に向って髪が落ち着くイメージで乾かしてください。

髪の毛に2割程度の水分を残すイメージで乾かしてください。乾かしすぎるとパサパサになって広がりの原因になるかもしれません。

これだけで、普段よりも扱いやすくなっているはずです♪

ドライヤーの風量

ドライヤーの風量・熱量も重要なポイントになってきます。

ドライヤーの風量が弱いと、長時間 風を髪に当て続けなければなりません。

風量の弱いドライヤーは、早く乾かす為に熱量が強く設定してある事がありますが、これでは髪がパサパサになってしまいます。

弱火でじっくり焼かれた方が芯まで熱が入るのと一緒です。

d523efeb66195420e09bb0012231f03c_s

手早く・必要な風量・熱量でスムーズに乾かしてあげる事も髪を落ち着かせる重要なポイントです。

ドライヤーの役割

・髪を乾かす時間が早くなる

・髪のパサつきを押さえてくれる

・髪のタンパク質が熱変性で固くなるのを防いでくれる。ダメージ毛になりにくい

・髪のハネ、癖を直しやすい

昔は家庭用ドライヤーは風量の弱い物ばかりでしたが、現在はとても良い物も多く出回っています。毛量の多い方・クセが強い方・髪が長い方は特に良いドライヤーを選んであげてください。ドライヤーを変えるだけでも髪のお手入れがやりやすくなるはずです。

おすすめドライヤー


NB1903ヘアードライヤーホワイト NB1903

\9,280 → \4,000


NB1903ヘアードライヤーブラック NB1903

\9,280 → \4,000

美容院で一般的によく使われているドライヤー(白・黒)です。まず間違いの無いドライヤーです。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ビビッドピンク EH-NA97-VP

\14,300

市販の家電量販店で買えるドライヤーの中では群を抜いて髪質が落ちつきます。持ち手から、体の電子をマイナスイオンに変換して髪質を落ち着ける特殊な構造のドライヤーです。

まとめ

美容院では綺麗になるのに、家では綺麗にならない。

そのような方は多いと思います。

普段バサバサっと適当に乾かしてないですか?

美容院と家での一番の違いは【乾かし方】です!

カットも重要なのですが、ヘアスタイルを決める一番の要因は【乾かし方】です。

毎日の事なので面倒くさいですが、ここを手を抜かず頑張ってみてください。

きっと落ち着いた気持ち良いヘアスタイルで1日過ごせるはずです♪

美容院の予約はポイントも貯まるhotpepperから↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. k.n より:

    試してみたいと思います

  2. ap より:

    逆回転だったので、逆方向に乾かしましたがうまくいきません。
    長くて量があるのでブロッキングしないとダメでしょうか。
    あと、前髪の毛先が、左右でなく、正面に向かってはねます。

    • biyotuku より:

      >ap
      コメントありがとうございます。
      その人その人の髪質にもよりますが、根元の方向付けが出来ても髪の中間に若干のクセがあったりするとそれも毛先のハネの原因になったりしますので、なにが原因かは分かりませんがそのような事も考えられます。クセを伸ばすには、多少髪の毛を引っ張りながら乾かしたりブローが必要だったりするかもしれません。
      また、髪質が強いと短い前髪はピンと立つようにハネる場合もありますので、そのような場合もコテやブローの熱の力をつかって収める必要があるかもしれません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です