【家庭で出来るヘアケア対策】美容師目線のおすすめドライヤー

家庭で出来るヘアケア対策として、ドライヤーを変えるというのも一つの手です!

ae955cf6796fc4390c7c77dae8b2e9de_s

ドライヤーを変える事がどうしてヘアケアになるのか?!

皆さん、ご家庭ではどのようなドライヤーを使っているでしょうか?

家電量販店に行ってみると、大風量やマイナスイオン搭載など様々な商品が並んでいます。

ですが、『魅力的な機能』や『値段の安さ』には惑わされず

実際、スイッチを入れて風量を感じてください!!

街の温泉やビジネスホテルに備え付けられているドライヤー、私はあのドライヤーを使う度にもどかしさを感じます!

風量が弱いのです!

同じく、家電量販店で売っているドライヤーも安いものなどは風量の弱さが目について、もどかしさを感じます。

なぜ、風量にこだわるのか。なぜ、ドライヤーを変える事がヘアケアになるのか。

例えとして、ステーキ肉を焼く事をイメージしてみてください。

弱い熱で、時間をかけてじっくり焼いていくと・・・

肉は硬くなり、時間をかけて焼けば焼くほどパサパサになってきますよね。

風量の弱いドライヤーは、これと同じ事が髪で起こると思ってください。

315be69178dae5d4e32ddebc7e01d6e6_s

安いドライヤーは風量が弱い代わりに熱が高くなっている事が多いです。熱量で乾かしてしまおうという事ですが、髪がよけいパサついてしまいます。また、高温すぎる熱は髪のタンパク質を固めてしまい、髪のダメージにも繋がります。

正しいドライヤーでの髪の乾かし方は、風を髪のキューティクルが整うように一定方向からあて、髪の芯に水分を1割~3割程度残してあげる感覚で乾かす事です。

『外はしっかり、中はしっとり』をイメージして乾かしてください!

表面のキューティクルを閉めて、髪の中に水分を閉じ込めるイメージですね。

その為には、パサつく前に一気に乾かしてくれる風量のあるドライヤーが必要です。

ドライヤーを選ぶポイント【ワット数】と【風量】

まず、チェックしてもらいたいのは【ワット数】

1000~1200wの物を選びましょう。美容院の業務用ドライヤーは1400wくらいです。

1400wになると、一般家庭ではブレーカーが落ちてしまう事があります。

出来れば、1200wのドライヤーを推奨します。

次に、【風量】

ドライヤーの風量は(m3/分)という単位で売り場のラベル等に書いてあります。

目安は、【1.3m3/分】以上の物を選ぶ事ですが、実際にスイッチを入れて確認してみる事が重要です!

カタログスペックは同じでも、実際スイッチを入れてみると『本当に同じ風量か?!これ。』と思われる商品が色々目に付きます。

『風量と熱量』を感じ、イメージの中で髪を乾かしてみてください。しっくり来る商品がきっとあるはずです。

ドライヤーを変えるメリット

・髪を乾かす時間が早くなる

・髪のパサつきを押さえてくれる

・髪のタンパク質が熱変性で固くなるのを防いでくれる。ダメージ毛になりにくい

・髪のハネ、癖を直しやすい(別記事で書いていきます)

・テンションが上がる!(私だけ?)

私は実家が美容院なので、一般家庭で使われる弱いドライヤーの存在すら知らずに育ちました。始めて風量の弱いドライヤーに出会った時は逆カルチャーショックを受けた記憶があります。なんて不便なんだ・・・なぜこれで皆満足して使ってるんだ・・・

ドライヤーは風量が強い方が良い!一人暮らしを始める時、実家からドライヤーを失敬して行った事を覚えています・・・

おすすめのドライヤー

どのドライヤーが良いのか分からない方の為に、まず間違いの無いドライヤーをいくつか紹介しておきます。

Nobbyプロ用マイナスイオンヘアドライヤーNB2501ホワイト

\13,824

美容院で使われる業務用ドライヤー。プロが本場で使う、まず間違いのないドライヤーです!

1200wで家庭用電源でも大丈夫、髪を一気に乾かしてくれる風量が魅力。美容院ではこれが普通で、このドライヤーに慣れてしまうと普通のドライヤーには戻れなくなるでしょう。マイナスイオンの効果が付いていて、髪の毛を落ち着かせてくれる効果があります。

風が強すぎたり、熱が熱すぎたりせず、さすがプロ仕様と言えます。

ちょっと重たい事と、業務用なので若干コンセントが長い事がネックですが、これは良いです。

Nobbyプロ用ヘアドライヤーNB1902ブラック

¥8,424

こちらも美容院で使われる業務用ドライヤー。余計な機能は付けずに、シンプルで使い勝手が良いです!髪質で特に困ってない方で、乾かせれば良いという方はこちらがリーズナブルでおすすめです。このドライヤーを使っても、十分市販の安いドライヤーには戻れなくなる事でしょう。

 Panasonic ヘアドライヤー ナノケア ビビッドピンク EH-NA97-VP

\22,464

Panasonicから発売された『ナノケア』シリーズ。1200w、風量・熱量が絶妙に丁度良い!風が強すぎたり、熱が強すぎたりしてパサつく事が無く、髪にしっとりと必要な潤いを残しつつ乾かしてくれるイメージ。この商品はマイナスイオンだけでは無く、ハンドル部分にPanasonic独自の技術が仕込まれている事が特徴。ハンドル部分を手で握る事で体のマイナス電気を手から髪に流し、髪に吸着する事でしなやかなしっとりした髪の仕上がりにしてくれるという、他のドライヤーには無い機能が付いている。また、この機能を使い、風を顔の肌に当て、肌をうるおわせるというスキンモードやスカルプモードなども搭載している事から、巷ではもはや美容器具だと言われているドライヤー。実際試してみましたが、風が・・・髪をしっとりさせるよ~、と言っていました。

番外編(これは使った事が無いので紹介だけ)

HBE2-G HAIRBEAUZER ExcelleMium 2
HBE2-G HAIRBEAUZER ExcelleMium 2

¥19,400

新商品のヘアビューザー、リュミエリーナの一般用。美容院専用の業務用も別で出てるのですが、\3,5000プロ用 HAIRBEAUZER  ExcelleMium ヘアビューザー
という超高単価なドライヤー。このドライヤーは、低温→高温→低温と乾かし方があるのですが、髪がトリートメントを使わなくてもサラサラになるという噂の新商品です。上記Panasonicのナノケアを超えるという声も。。ただ、髪質によってはパサついてしまうあわないという方もいるようで、賛否両論の商品。

・・・ちょっと気になる新商品です。

ドライヤーを変えるだけで、普段の髪のお手入れも大分やりやすくなると思います。

朝、寝癖で暴れている髪を落ち着ける為には、一度濡らして乾かさないとなかなか落ち着きませんが、この大風量のドライヤーがあれば朝のお手入れも楽々こなしてくれるでしょう!

ドライヤーを使った、髪の毛のはねを直す乾かし方もぜひぜひ読んでみてください♪

7割の方が成功する!髪の毛がはねない乾かし方・ドライヤーの使い方

美容院の予約はポイントも貯まるhotpepperから↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です