【高級アルコール系】成分一覧とオススメシャンプー・ランキング抜粋【メリット・デメリット】

高級アルコール系】成分一覧とオススメシャンプー・ランキング抜粋【メリット・デメリット】

今回は、シャンプーの洗浄成分の一つである【高級アルコール系】シャンプーについて取り上げていきます。

市場にはさまざまなシャンプーが販売されていますが、大きく分けてシャンプーの洗浄成分・界面活性剤の種類は以下の9系統に分かれます。

  • 高級アルコール系
  • スルホコハク酸系
  • アルカリ石鹸系
  • 酸性石鹸系
  • アミノ酸系アラニングルタミンサルコシン・アスパラギン>
  • ベタイン系
  • ノニオン系
  • タウリン系
  • タンパク質系(PPT系)

高級アルコール系シャンプーの特徴は、高い洗浄力と気泡力です。

スタイリング剤などをしっかりと落としてくれるのですが、髪や肌のバリアとなる皮脂も根こそぎ洗い去ってしまうので刺激性が強く髪や肌のダメージとなりやすい成分です。

また、ラウリル硫酸Naなどは分子量が小さく肌の隙間に入り込み残留する為、肌トラブルの原因にもなる恐れがあります。

スポンサーリンク

高級アルコール系シャンプーの原材料

高級アルコール系の成分は石油由来です。

ラウリルアルコールの硫酸エステルにナトリウム塩やアンモニウム塩などで構成され、ラウリル硫酸Naにポリオキシエチレンをくっつけたものがラウレス硫酸Naです。

分子量が小さく肌への浸透トラブルのあるラウリル硫酸Naの分子量を大きくしたものがラウレス硫酸Naです。

高級アルコール系シャンプーの特徴

【メリット】

硬水でもよく泡立つ。強い洗浄力と気泡力。

安価で製造が出来る。

  • 高い洗浄力と気泡力
  • 安価

【デメリット】

洗浄力が強く髪や皮膚の皮脂(CMC等)を取り過ぎてしまい、髪や肌のダメージとなりやすい。

また、刺激性も強く皮膚トラブルの原因となりやすい。

  • ダメージ大
  • 刺激が強く肌トラブルの原因に
  • ダメージ毛、パーマ・カラーの色持ちなどには向いていない

高級アルコール系シャンプーの主成分

高級アルコール系シャンプーに使用される主な成分の一覧です。

名前 特徴
ラウリル硫酸Na ラウリルアルコールの硫酸エステルのナトリウム塩、強い洗浄力と気泡力、分子が小さく肌に浸透する為皮膚刺激が強い
ラウリル硫酸アンモニウム ラウリルアルコールの硫酸エステルのアンモニウム塩、強い洗浄力と気泡力、強刺激性、ラウリル硫酸Naより分子が大きく皮膚刺激が弱い
ラウリル硫酸TEA ラウリルアルコールの硫酸エステルのトリエタノールアミン塩、強い洗浄力と気泡力
ラウレス硫酸Na ラウリルアルコールのポリエチレングリコールエーテルと硫酸エステルのナトリウム塩、強い洗浄力と気泡力、ラウリル硫酸Naより分子が大きく皮膚刺激が弱い
ラウレス硫酸アンモニウム ラウリルアルコールのポリエチレングリコールエーテルと硫酸エステルのアンモニウム塩、強い洗浄力と気泡力、ラウレス硫酸Naより分子が大きく皮膚刺激が弱い
ラウレス硫酸TEA ラウリルアルコールのポリエチレングリコールエーテルと硫酸エステルのトリエタノールアミン塩、強い洗浄力と気泡力
ラウリルベンゼンスルホン酸Na  ラウリル硫酸Naよりは若干低刺激、生分解性が低く皮膚・環境へ悪影響、食器洗剤等に使われる
オレフィン(C14-C16)スルホン酸Na  ラウレス硫酸Naと同等の洗浄力と刺激性、ラウリルベンゼンスルホン酸Naより生分解性が高まっている為環境・皮膚への影響を改善している(とはえい刺激性の高い成分の一つではある)

【高級アルコール系・成分別】おすすめシャンプー

高級アルコール系シャンプーは、どれも刺激が強く高洗浄力の成分のものになります。

安価でセット剤をしっかりと落としたいという方には良いかもしれませんが、出来るだけ皮膚トラブルの少ない成分を選ぶようにしましょう。(逆を言えば皮膚トラブルの危険性の高い成分を避けるようにしましょう。)

乾燥肌・敏感肌・ダメージ毛、カラーやパーマの持ちを良くしたい方などは他の成分のシャンプーを選ぶようにしてください。

刺激性の強い成分順に

ラウリル硫酸Na > ラウリル硫酸アンモニウム > ラウレス硫酸 = オレフィン(C14-C16)スルホン酸Na > ラウレス硫酸アンモニウム

このようになっています。高級アルコール系シャンプーの中でも、【ラウリル硫酸】と名の付いたものは避けるようにするとよいでしょう。

【パンテーン エクストラダメージシャンプー


パンテーン シャンプー エクストラダメージケア ポンプ 450mL

高級アルコール系の中でも低刺激な部類に入るラウレス硫酸アンモニウムをベースとしたシャンプーです。

エクストラダメージケアという名ですが、脱脂力は強いシャンプーですのでダメージケア目的で買うのはあまりオススメではありません。

あくまで、低価格帯でしっかりとした洗浄力、高級アルコール系シャンプーの中では比較的低刺激なシャンプーだといえる商品です。

ドラッグストアなどで低価格帯でどれを購入したらよいか迷った時は良いのではないでしょうか。

【保存版】自分に合った市販シャンプーの選び方!?誰でも簡単にプロ目線!界面活性剤一覧表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です