【アミノ酸系<グルタミン>】成分一覧とオススメシャンプー・ランキング抜粋【メリット・デメリット】

【アミノ酸系<グルタミン>】成分一覧とオススメシャンプー・ランキング抜粋【メリット・デメリット】

今回は、シャンプーの洗浄成分の一つである【アミノ酸系<グルタミン>】シャンプーについて取り上げていきます。

市場にはさまざまなシャンプーが販売されていますが、大きく分けてシャンプーの洗浄成分・界面活性剤の種類は以下の9系統に分かれます。

  • 高級アルコール系
  • スルホコハク酸系
  • アルカリ石鹸系
  • 酸性石鹸系
  • アミノ酸系アラニングルタミン・サルコシン・アスパラギン>
  • ベタイン系
  • ノニオン系
  • タウリン系
  • タンパク質系(PPT系)

アミノ酸系<グルタミン>は、低刺激でベビー用品に使われるくらい安全性の高い成分です。

低刺激ながら、陰イオン界面活性剤となり、皮脂や汚れに吸着し洗い落としてくれる洗浄力にも期待の持てる成分です。

保湿効果がきわめて高く、髪のダメージ部分のコンディショニング効果もあり、しっとりと洗いあがります。

スポンサーリンク

アミノ酸系<グルタミン>シャンプーの原材料

グルタミン酸とは、人体を構成するアミノ酸の一種で、髪を構成するケラチンタンパク質にも約13.7%含まれています。体内では利尿作用もあり、毒素であるアンモニアを体外へ排出する効果があります。

美容効果としては、肌の角質層の潤いを保持する天然保湿成分の約40%がグルタミン酸などのアミノ酸であるといわれています。

アミノ酸系<グルタミン>の成分は、このグルタミン酸とココヤシ油やパーム油のラウリン酸・ココイル脂肪酸などの天然成分を原材料とし作られています。

アミノ酸系<グルタミン>シャンプーの特徴

【メリット】

グルタミン酸のシャンプーの一番の特徴は高いエモリエント効果です。

髪や肌の保湿力があり、髪のダメージ部分にグルタミン酸が吸着し髪のコンディションも整えてくれます。

陰イオン界面活性剤となり、マイナスイオンを帯びる性質があり、髪の汚れや皮脂に吸着ししっかりと洗浄してくれます。

ベビー用品に使われるように、低刺激で安全性の高い成分です。

  • 天然成分由来
  • 低刺激
  • 生分解性が高い(環境にやさしい)
  • 保湿力が高い
  • 髪の補修効果
  • しっかりとした洗浄力

【デメリット】

単体では起泡性が弱い物もある。

天然成分由来の成分は高価なものが多いです。グルタミン酸系シャンプーも比較的高価な成分になります。

  • 比較的高価
  • 起泡性が弱め

アミノ酸系<グルタミン>シャンプーの主成分

アミノ酸系<グルタミン>シャンプーに使用される主な成分の一覧です。

名前 特徴
ラウロイルグルタミン酸Na  ヤシ油やパーム油のココイル脂肪酸とグルタミン酸で構成、弱酸性、高い保湿効果、起泡性は弱め、低刺激、コンディショニング効果、比較的高価
ココイルグルタミン酸TEA  ヤシ油やパーム油のココイル脂肪酸とグルタミン酸で構成、弱酸性、高い保湿効果、起泡性は弱め、低刺激、コンディショニング効果、比較的高価
ココイルグルタミン酸2Na  ヤシ油やパーム油のココイル脂肪酸とグルタミン酸で構成、弱酸性、高い保湿効果、起泡性は弱め、低刺激、コンディショニング効果、比較的高価

【アミノ酸系<グルタミン>・成分別】おすすめシャンプー

グルタミン酸は人体を構成するアミノ酸の一種で、髪を構成するケラチンタンパク質の約13.7%もグルタミン酸で出来ています。

肌の角質層から保湿する効果があり、低刺激で敏感肌やベビー用品に使用される事も多い安全性の高い成分です。低刺激ながら、洗浄力も期待できる優れた界面活性剤です。

髪のダメージ部分のコンディショニング効果もあり、乾燥肌・乾燥毛・ダメージ毛など頭皮と髪の保湿・ケアを重視する方へオススメの界面活性剤です。

アプルセルプレミアムシャンプー


サニープレイス アプルセルシャンプー プレミアム 1L

ココイルグルタミン酸TEAを主洗剤とし、ラウラミドプロピルベタインを配合しています。

ともに、高い保湿力を持つ界面活性剤で、かつ低刺激・皮脂を取りすぎない作りになっています。

乾燥毛・乾燥肌・ダメージ毛の方に特にオススメです。

ルチンやザクロ、人工皮膚のキトサンなども配合されておりアンチエイジング用シャンプーとしても評価の高いシャンプーです。

これだけの良質な成分のシャンプーですが、日々使いしやすい価格帯なのも魅力的です。

皮脂の多い方、髪の毛がペタッとしやすい方には重たいかもしれません。

【kitson キットソンプレミアムシャンプー】


kitson キットソンプレミアムシャンプー 500ml

こちらもラココイルグルタミン酸TEAを主洗剤とし、酸性石鹸であるラウレス-6カルボン酸Naを配合しています。両方とも、陰イオン界面活性剤で低刺激でありながら余分な皮脂や汚れに吸着し落としてくれます。

甘い香り&しっとりサラサラな洗い上がりで洗浄力もあるグルタミン系シャンプーです。

こちらも乾燥肌・乾燥毛・ダメージ毛の方にオススメです。
【保存版】自分に合った市販シャンプーの選び方!?誰でも簡単にプロ目線!界面活性剤一覧表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です