【アミノ酸系<サルコシン>】成分一覧とオススメシャンプー・ランキング抜粋【メリット・デメリット】

【アミノ酸系<サルコシン>】成分一覧とオススメシャンプー・ランキング抜粋【メリット・デメリット】

今回は、シャンプーの洗浄成分の一つである【アミノ酸系<サルコシン>】シャンプーについて取り上げていきます。

市場にはさまざまなシャンプーが販売されていますが、大きく分けてシャンプーの洗浄成分・界面活性剤の種類は以下の9系統に分かれます。

  • 高級アルコール系
  • スルホコハク酸系
  • アルカリ石鹸系
  • 酸性石鹸系
  • アミノ酸系アラニングルタミンサルコシン・アスパラギン>
  • ベタイン系
  • ノニオン系
  • タウリン系
  • タンパク質系(PPT系)

アミノ酸系<サルコシン>は、アミノ酸系成分の中では比較的高い洗浄力を持つ界面活性剤で、その力は石鹸系とほぼ同等といわれています。

低刺激で安全性の高い成分の一つではありますが、中には肌に合わない方もおられて皮膚トラブルを起こす方もおられます。

陰イオン界面活性剤で、汚れや皮脂に吸着し洗い落としてくれますが、肌にも残りやすい為、しっかりとしたすすぎが必要です。

アミノ酸系成分の中でも特に、保湿効果・コンディショニング効果が高い成分です。

一般的に主洗剤として使用される事が少なく他の界面活性剤の補助的な役割で配合される事が多い成分です。

スポンサーリンク

アミノ酸系<サルコシン>シャンプーの原材料

サルコシンとは、人体を構成するアミノ酸の一種で、グリシンに分解されタンパク質の構成要因となります。グリシンはコラーゲン等の約1/3を構成する物質で保湿力の高い成分といえます。

アミノ酸系<サルコシン>の成分は、アミノ酸の一種であるサルコシンとココヤシ油やパーム油のラウリン酸・ココイル脂肪酸などの天然成分を原材料として作られています。

アミノ酸系<サルコシン>シャンプーの特徴

【メリット】

アミノ酸系界面活性剤の中でも、とりわけ高い保湿力とコンディショニング力のある成分です。

また、アミノ酸系の中でも比較的高い洗浄力を持つ成分ですので、脂性肌やサッパリとした洗い上がりを求める方に向いています。

アミノ酸系成分の一つですので安全性の高い成分ですが、肌への吸着性も強くすすぎが不足すると皮膚トラブルを感じる方もいます。

  • 高い洗浄力
  • 比較的低刺激
  • 保湿力が高い
  • 髪の補修効果が高い

【デメリット】

陰イオン界面活性剤で皮脂や汚れに吸着し洗い流してくれる効果がありますが、皮膚への吸着も強い為、しっかりと洗い流さないと皮膚トラブルを感じる方もいます。

  • すすぎが弱いと皮膚トラブルの原因となる

アミノ酸系<サルコシン>シャンプーの主成分

アミノ酸系<サルコシン>シャンプーに使用される主な成分の一覧です。

名前 特徴
ラウロイルサルコシンTEA  ヤシ油やパーム油のラウリン酸とサルコシンで構成、陰イオン界面活性剤、殺菌作用、高い洗浄力、高い保湿効果、アミノ酸系の中ではやや刺激あり、コンディショニング効果、比較的高価
ラウロイルサルコシンNa ヤシ油やパーム油のラウリン酸とサルコシンで構成、陰イオン界面活性剤、殺菌作用、高い洗浄力、高い保湿効果、アミノ酸系の中ではやや刺激あり、コンディショニング効果、比較的高価
ココイルサルコシンTEA  ヤシ油やパーム油のココイル脂肪酸とサルコシンで構成、陰イオン界面活性剤、殺菌作用、高い洗浄力、高い保湿効果、アミノ酸系の中ではやや刺激あり、コンディショニング効果、比較的高価
ココイルサルコシンNa ヤシ油やパーム油のココイル脂肪酸とサルコシンで構成、陰イオン界面活性剤、殺菌作用、高い洗浄力、高い保湿効果、アミノ酸系の中ではやや刺激あり、コンディショニング効果、比較的高価
ココイルグリシンK  ヤシ油やパーム油のココイル脂肪酸とアミノ酸の一種グリシンで構成、陰イオン界面活性剤、殺菌作用、高い洗浄力、高い保湿効果、アミノ酸系の中ではやや刺激あり、コンディショニング効果、比較的高価

【アミノ酸系<サルコシン>・成分別】おすすめシャンプー

サルコシンはアミノ酸の一種であり、コラーゲンを構成するグリシンの元となる成分です。

その為、アミノ酸系成分の中でもとりわけ保湿力とコンディショニング効果の高い成分となります。

髪・肌への吸着力が強い反面、すすぎをしっかりと行わないと皮膚トラブルになる原因となります。

保湿力は高いですが、洗浄力もしっかりとあり、皮脂汚れなどが気になる男性などにオススメの成分です。髪・肌をしっとりとさせたいけれども、しっかりと洗い流したいという方にオススメです。

一般的に主洗剤として使用される事が少なく他の界面活性剤の補助的な役割で配合される事が多い成分です。

【プレミアムブラックシャンプー


&GINO プレミアムブラックシャンプー 400ml

コカミドプロピルベタインという保湿系の界面活性剤の補助としてココイルグリシンKが含まれています。

しっかりとした洗浄力かつ保湿力のあるシャンプーです。洗浄力はありますが、石油系シャンプーのように皮脂を取り過ぎるということはありません。

カラーやパーマなどで傷んだ髪に優しいヘマチンも配合してあります。

メントール入りでサッパリとした清涼感と余分な皮脂をしっかり洗い落としたい方などにオススメなシャンプーです。

【BOTANIST ボタニカルシャンプー・モイスト】


BOTANIST ボタニカルシャンプー 490ml & トリートメント 490g モイストセット

ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシンという成分を主洗剤としています。これは、カラーの褪色を抑えてくれる成分です。これにラウロイルサルコシンNaが含まれたシャンプーです。

サッパリとした洗い上がりと柑橘系の香りが心地よいシャンプーです。

値段も手ごろで広く認知されたシャンプーです。

サルコシン系のシャンプーはすすぎが弱いと頭皮環境のトラブルになるケースがありますので、すすぎはしっかりと行うようにしましょう。
【保存版】自分に合った市販シャンプーの選び方!?誰でも簡単にプロ目線!界面活性剤一覧表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です