【ピンパーマとは?】かけれる長さと美容院オーダーの注意点【失敗しない】

ピンパーマと普通のパーマの違い

普通のパーマ

9a0e1a661f55efab6cdd8f3afd74e2f9_s

普通のパーマは、ロッドとよばれるものに髪を巻いてパーマをかけていきます。

ロッドに巻き込み始めた部分が強くカールがつき、巻き終わりの根元はゆるくなります。

ロッドに巻き込むため、ある程度の髪の長さが必要となってきます。

ピンパーマ

ピンパーマは、髪の毛が短くてロッドでは巻けないような短い髪の毛にもかける事の出来るパーマです。

髪の毛を細かな束で分け取り、ペーパー等ではさんでピンで止めてカールをつけるのがピンパーマです。

毛先に自然なニュアンスのカールをつける為に主に用いられるパーマです。

%e3%83%94%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9e%e5%9b%b3

ピンパーマの特徴

・短い髪の毛でもかけられる

・クセ感のある自然なニュアンスのカールがつく

%e5%87%ba%e5%85%b801

出典元 beauty-box.jp

このように毛先にランダムで自然なカールをつけやすいのがピンパーマです。

また、前髪がストンとストレート感が強い女性などは、前髪だけにニュアンスを付ける為にピンパーマをかけるという使い方もあります。

%e5%87%ba%e5%85%b807

出典元 beauty-box.jp

ピンパーマをかけれる長さ

最低限度の長さは3~5cmは長さが必要になります。

ピンパーマは指で髪の毛にカールを作ってピンで止める作業です↓

%e3%83%94%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9e%e5%9b%b3

このようにピンで止めれる長さが最低限必要になってきます。

スポンサーリンク

お手入れ

ピンパーマは普段のショートスタイルの毛先にカール感をつけたものが主ですので

お手入れは普段どおりにしてもらえば基本的に大丈夫です。

寝癖が強いようなら、朝は一度髪の毛を濡らして、弱風で乾かしてください。

スタイリング剤は付けよう

せっかくピンパーマで束感、躍動感をつけているので軽めにワックスなどを揉み込んで動きをつけてあげるとよいです。スタイリング剤がカールを束感で表現してくれるようになります。

逆に何もつけていないと、乾燥毛の方はパサパサした爆発したような髪だと感じてしまう事もあるかもしれませんので、スタイリング剤は重要です。

ピンパーマをオーダーする時の注意点

まずはなりたいスタイル写真と自分の髪の長さを見比べてみましょう。

%e3%83%94%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9e02

カールが付いたスタイル写真は、あまり髪の毛が長くないように見えるかもしれません。

ですが、真っ直ぐ伸ばすと以外と長さがあったりします。

まずは自分の髪の長さが足りているのかを少し鏡を見ながら見比べてみてください。

美容院の予約

美容院の予約時も注意しましょう。ピンパーマは普段のパーマよりは手間のかかる作業になるかもしれません。美容院側にも、しっかりピンパーマをかけたい事を事前に伝えておくとゆとりのある施術を受けられるかもしれません。

また、美容師さんと話すカウンセリング時にもスムーズに伝える事が出来た方が、より施術に時間を割いてくれますので良いスタイル作りをしてもらえるでしょう。

パーマの種類とセルフチェック!お手入れしやすいパーマはどれ?【失敗しない】

美容院の予約はポイントも貯まるhotpepperから↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です