ダメージ毛で縮毛矯正を断られた方は、この薬を扱う美容院がオススメ?!

ダメージ毛で縮毛矯正を断られた方は、この薬を扱う美容院がオススメ?!

クセやダメージでバサバサになった髪の毛を縮毛矯正をかけて綺麗にしようと思い美容院に行ったのに、髪が傷んでいるという理由で縮毛矯正を断られてしまうというケースがあります。

なぜ、美容院ではハイダメージ毛の縮毛矯正を断るのでしょうか?

またそのような方の為の【極端にダメージを抑えた縮毛矯正】の存在をお伝えしていこうと思います。

縮毛矯正で髪がまっすぐになる理由

縮毛矯正で髪の毛がまっすぐになる理由は、髪の毛のタンパク質を【熱を加える事で】まっすぐな状態に固めているからです。

生卵に熱を加えると・・・

タンパク質が固まってゆで卵になります。

髪の毛も生卵がゆで卵になる時に固まるのと同じで、まっすぐな状態で固める事でクセの無いストレートヘアとなります。

では、髪の毛のどの部分を固めているかというと、主に髪の毛の表面を覆う【キューティクル】です。

※家で普通にアイロンを通していても固まって真直ぐになることはなかなかありません。縮毛矯正の1液で髪を【軟化・膨潤】させて髪の毛を熱で変化させやすくする事が必要です。

キューティクルは通常4~6枚重なっていて、主にこの部分を薬で軟化・膨潤させてアイロンでまっすぐに固めるのが縮毛矯正です。

ハイダメージ毛だと、なぜ縮毛矯正を断られるのか?

なぜハイダメージ毛の方は縮毛矯正を断られてしまうのでしょうか?

それは、縮毛矯正はキューティクルを固める作業ですが・・・

ハイダメージ毛の人はキューティクルが剥がれて無くなってしまっているからです!

キューティクルが剥がれて髪の内部の栄養素も抜け出ている状態の髪の毛に、縮毛矯正の1液をつけてしまうと・・・上手くいけば綺麗になる場合もありますが、失敗するとチリチリ・ジリジリの髪の毛になってしまうか、最悪は千切れて無くなります。

これは、美容師にとっては一番避けて通りたい失敗です。

お客様にとっても最悪な結果です。

ですので、ハイダメージ毛のお客様は縮毛矯正を断られてしまうのです。

美容院の薬で髪の毛が痛む原因はなに?

縮毛矯正を掛けるには、【イオン結合】と【シスチン結合】という髪の結合を切り離す必要があります。その役割を果たしているのが【アルカリ・ph】【シスやチオ】と呼ばれる薬剤です。

これらの薬剤の力が強いと、しっかりと結合が切れて強いクセも伸ばしやすくなります。

ですが、反面髪のダメージにも繋がります。ハイダメージ毛の方は髪が耐え切れなくチリチリになってしまう可能性があります。

phは7が中性で数字が上がっていくにつれてアルカリ性へと傾きます。

美容業界の中には、天然アルカリでアルカリ度10でも髪が傷まないという薬も存在しますが、それはまた別の時にお伝えするとして

今回は、phが6.5という弱酸性の縮毛矯正剤をお伝えしたいと思います。

ph6.5の縮毛矯正って何?!とこの薬剤の存在を知らない美容師さんは驚くかもしれません!

ハイダメージ毛の方にオススメの縮毛矯正「R-5」

【R-5】という縮毛矯正剤は、システアミンHCLというダメージ毛の方に使用しても過剰なダメージを与えにくい還元剤を使用しています。この薬は、弱酸性~アルカリ性まで幅広いph帯で効果を発揮してくれる薬なので、中性に近い髪に優しいph6.5というph帯での仕上がりとなっています。

以下はR-5を販売している中央有機化学株式会社さんの実験データです。

縮毛矯正の1液に、24時間 生卵と髪の毛を放置した結果です↓

出典:中央有機化学株式会社

普通、一般的な縮毛矯正の1液に24時間たんぱく質を放置したら大変な事になりますが、R-5の薬はタンパク質変性を起こしていません。

R-5の1液に含まれている薬を見てみると、還元剤としてのシステアミンHCl以下は、髪の毛の保護剤で満載でした。

薬を付けて、時間を放置すると・・・髪の質感が良くなるのでは・・・

縮毛矯正をして、傷むのではなく逆に髪質が改善する?

そう思わせる縮毛矯正剤です。

システアミンHCLが入っていますので、完全なダメージレスの薬とは言い切れませんが、この薬ならばブリーチを行ったようなハイダメージ毛の方でも縮毛矯正をかける事が出来ます。

ハイダメージ毛で縮毛矯正を断られてしまった方は、【R-5】の縮毛矯正を扱っている美容院を探してみると良いかもしれません♪

自宅でハイダメージ毛を修復するアイテム

縮毛矯正・ハイダメージ毛の方、家でアイロンをよく使う方は、熱の力で日々髪の毛が修復される日本精化さんが開発した【エルカラクトン】に注目してみてください。

以下が日本精化さんのエルカラクトンの説明の抜粋です。

ドライヤー、ヘアアイロンなどの熱により毛髪と反応、結合して補修します。 毛髪キューティクルのめくれ上がりを改善し、「うねり」「絡まり」 「まとまらない」「ハリコシがない」などの加齢により増加する毛髪の 様々な悩みを改善します。 毛髪と結合していることで、使用直後だけではなく、シャンプー等で 洗い流した後でもこれらの毛髪改善効果が持続します。

【エルカラクトン】を配合した流さないトリートメントをドライヤーやアイロンをあてる前に使用する事で、日々自宅でダメージ毛の補修を行う事が出来ると思います。

【縮毛矯正で失敗】ダメージや縮れ毛を治すアイテムとは?!原因と解決方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です