【クリープパーマとは?】パーマの持ちが1.5倍!?痛まないパーマ?【失敗しない】

 パーマとクリープパーマの違い

クリープパーマはパーマという大分別の中の、【パーマのかけ方】の1種類だと思ってください。

%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e%e8%a1%a8

クリープパーマとは

パーマは、髪の毛をロッドという丸い棒に巻きつけて、一本の髪の中身(タンパク質)を組み替えてカールを形成します。

髪の中のタンパク質の結合を一度切り、再度カール状態で結合しなおす事で髪の毛の形を変えるのがパーマです。

ですが、真っ直ぐなものを曲げようとするので、髪の内部では多少無理が生じてしまいます。。。

そこで登場するのが【クリープパーマ】です

【クリープパーマ】はパーマ行程の途中で、髪の内部のタンパク質が落ち着いた配列になるよう、蒸気で髪を蒸すなどして、少し時間をかけて髪を落ち着かせます。

そして、タンパク質を補充してあげる事で、曲がった髪の毛の内部を無理のない状態に近づけてあげるのがクリープパーマです。

この、ひと手間を加えてあげる事で【髪のダメージを軽減】【パーマの持ちを約1.5倍】にしてくれるのがクリープパーマです。

スポンサーリンク

クリープパーマの注意点

クリープパーマの注意点は、どこの美容院もしてくれるとは限らない点です。

髪のダメージが気になる方は、あらかじめクリープパーマを扱っている美容院を探す必要があります。

また、普段のパーマよりも時間が長くかかりますので、時間に余裕を持って美容院に行きましょう。普段のパーマが1時間30~2時間程度だとすると、+30分くらいを目安と思っておいてください。

また、料金も普段のパーマよりも割高となっている事が多いです。

その他では、髪にとってはダメージレスで持ちも良い、優秀なパーマのかけ方だと言えるでしょう。

ただし、クリープパーマだからといって、ダメージが全くないわけではありません。

やはり、髪に何らかの施術を行っていくと、徐々にダメージは蓄積されるものだと思っておいてください。

美容院で3,000円のトリートメントを300円で手に入れる方法?!ダメージ毛・乾燥毛・固い髪の方へおすすめ【ハホニコ業務用】

パーマの種類とセルフチェック!お手入れしやすいパーマはどれ?【失敗しない】

美容院の予約はポイントも貯まるhotpepperから↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です