ヘアカラーで失敗する前に!ムラになる原因その1_黒髪・ハイトーン毛

ヘアカラーで失敗する前に!ムラになる原因その1_黒髪・ハイトーン毛編

ヘアカラーで失敗する前に、ムラになる原因をあらかじめ知っておきましょう!

そうする事で失敗も少なくなり、髪を綺麗に保つ事が出来ます。

今回は、『髪を明るくしてる人』に是非読んでもらいたい記事となってます。

髪を明るくしてるけど、黒髪も生えてきて最近プリンなんだよね~。

ホームカラーしようかな・・・

ちょっと待って!

そのホームカラー、ムラにならずにちゃんと染まりますか?

黒髪とハイトーン毛は、同じ薬を塗っても同じ仕上がりにならない事があります。

その原因とは、一体なぜでしょうか?

解り易く解説する為に『黒髪ちゃん』と『ハイトーン毛ちゃん』に登場して頂いて、実際バーチャルカラーリングしてみました!


まずはカラー剤を見てみましょう。

カラー剤には大きく分けて2種類の薬が入っていると思ってください。

カラーの基礎知識カラー剤

1つは、髪を明るくする薬

もう1つは、髪に色を入れる薬

この薬の配合具合により、髪を明るくする力が強い薬や、あまり明るくせず色を入れる力が強い薬など色々種類が分かれます。

カラーの基礎知識黒髪ハイトーン

ここに、カラーやパーマなど何もしてない『黒髪ちゃん』と14LVまで明るくした『ハイトーン毛ちゃん』がいます。

5LVや14LVは髪の明るさの度合いです。14LVは金髪に近いと思っておいてください。

今日の実験はこのお二人に参加してもらいます。

まずは、先ほどのカラー剤を『明るくする薬』と『色を入れる薬』に分けて1つづつカラー塗布してみたいと思います。

(実際の薬は混ざっているので、分ける事は出来ません。バーチャル世界でお楽しみください。)

まずは『明るくする薬 7LV』を塗布してゆきます。

カラーの基礎知塗布01

さて、結果は・・・ドルドルドルドル

カラーの基礎知塗布02

じゃん!

黒髪が、7LVまで明るくなりました。

14LVのハイトーン毛は変化ありません。

では次に、『色を入れる薬』を塗布してゆきましょう。

カラーの基礎知塗布033

図では緑色ですが、色の種類はベーシックな茶色だと思ってください。

では、どうなるでしょうか・・・・ドルドルドルドル

カラーの基礎知塗布04

じゃん!

7Lvの髪の毛に色が入り少し暗くなりました。

14Lvのハイトーン毛にも色が入り暗くなりました。

実験は終了です。

この実験で、大切な事が2点分かりました!

まず、1点目は

7LVの髪の毛に注目してください。

色を入れる前と後では、少し暗さが変わっています。

同じ7LVでも、色が入っている時と抜けている時では明るさが変わるのです!

『カラーは染めたてが暗く、色が抜けると明るくなる』

これが、ヘアカラーで知っておくべき知識の一つです。

では、2点目は

同じカラー剤で染めたのに、黒髪と14Lvの髪では染まり方が違う!

という事です。

初めに、明るくする薬で両方とも明るくしましたが、そもそもの色が明るい14LVの髪と黒髪は7LVの明るくする薬では同じコンディションになりませんでした。

その後、色を入れましたが、明るい髪の方が明るく仕上がってしまいました。

薬によっては、髪を均一に綺麗に出来ない事があります。

ムラになってしまう原因の一つです。

ホームカラーでは限界があります。

美容院では、黒髪の部分と、ハイトーンの明るい部分に塗る薬を細かく変えて塗布します。

この部分にはこの薬、明るい所は色味をもっと強くしておかないと・・・などとプロの技が光ります。

簡単なカラーならホームカラーでも出来る場合もありますが、髪の毛をハイトーンにしている場合など、ムラになりそうだなと思ったら迷わず美容院でカラーしてもらう事をオススメします。

最後に、ハイトーン毛の根元から黒髪が3cm生えてきたプリンちゃんがいます。

このプリンちゃんも染めてあげましょう。

カラーの基礎知識プリンちゃん

こんなケースよくありますよね。

ヘアカラーで失敗する前に!自分の髪のコンディションを今一度チェックしてみてください♪

美容院の予約はポイントも貯まるhotpepperから↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です