【髪型別】ヘアアイロン・カールアイロンの選び方と注意点!?【おすすめ】

ヘアアイロンでかわいいカールスタイルを楽しみたい!

色々なアイロンが売られているけど、私の髪にはどんなヘアアイロン・カールアイロンがあってるの?

今回はスタイル別、おすすめヘアアイロンと注意点の紹介です。

902f5044469410e985d5da8d05972388_s

カールアイロンを使う前の注意点!

注意点01

カールアイロンを使う前に、髪をしっかり乾かしましょう。

水は温度が上がって水蒸気になる時に、体積が何倍にも膨れ上がります。

髪が濡れた状態で高温のアイロンを使うと、髪の中の水分が膨れ上がり、髪の中で水蒸気になって髪を痛めてしまいます!アイロンを使う前はしっかり髪を乾かしましょう。

アイロン水蒸気

注意点02

同じ場所に熱を加え過ぎないようにしましょう。

髪はタンパク質です、フライパンで卵や肉を焼きすぎるとコゲて炭になってしまうのと同じで、髪も熱を加えすぎると熱変性を起こして炭になってしまいます!

アイロンは200℃近い高温になるものですので、同じ場所をずっと熱し続けると髪がコゲてしまいます。

コゲた髪はパーマもかかりませんし、痛んでちぎれてしまうだけですので気をつけましょう。

アイロンを当てる時間

130℃くらいまでの温度で10~15秒程度

170℃以上の場合、数秒間

カールアイロンの場合130℃以下の温度で、上記の時間を目安に熱を加えましょう。

170℃以上は、ストレートアイロンを使う場合で、髪を通しながら使うので一箇所に長い時間当てないのが前提となります。長くても3秒程度で場所を変えながら使いましょう。

注意点03

注意点03は、よりスタイルを可愛く仕上げる為の下準備です。

髪の毛は生え癖によって、髪の流れが左右されますので根元の乾かし方が重要となってきます。

7割の方が成功する!髪の毛がはねない乾かし方・ドライヤーの使い方

こちらの記事を参考に髪を乾かした後、カールアイロン作業に入るとより可愛くヘアスタイルを仕上げる事が出来ます。

スポンサーリンク

私の髪の長さにはどんなヘアアイロンがおすすめ?!

カールアイロンの大きさには

「19ミリ」「26ミリ」「32ミリ」「38ミリ」があります。

19ミリ カールアイロン

ショートスタイルの方におすすめなのが【19ミリ】のカールアイロンです。

毛先の動きや、トップの立ち上がりなど繊細な動きを作るのに適しているのが19ミリのカールアイロンです。

また、パーティーなどのアップスタイル時にあご先に1束下ろした髪をクルっと可愛く巻くのにも19ミリのアイロンは便利です。

ただ、繊細な動きを作るのに便利なアイテムですので、あまり手間をかけたく無い方には少し面倒なアイテムかもしれません。アイロン上級者向けのサイズといえるかもしれません。

26ミリ カールアイロン

肩下ミディアムスタイルの方におすすめなのがこのサイズ。

オールマイティーな要素をかね添えたアイロンです。

巻き髪風にしたり、毛先を内巻きにして、ボブスタイルにしたり

ショートスタイルの方も、TOPの長さがある方は26ミリのアイロンでTOPをフンワリ立ち上げるのにも使えます。使い易いサイズのアイロンです。

32ミリ カールアイロン

ミディアム~ロングに使えるサイズのアイロンです。

最近は“ゆるふわ”なスタイルが流行っています。26ミリのアイロンだと、カールが小さいのでどうしても細かいウェーブになってしまいます。

32ミリのアイロンは巻き髪にするにはうってつけのサイズです。

鎖骨くらいの髪の長さがあれば、32ミリのアイロンでクルっと巻いておけばスタイルを作り易いので、髪のお手入れが面倒な方にもおすすめなサイズといえるでしょう。

38mミリ カールアイロン

38ミリのカールアイロンは、ロングスタイルのゆるふわ系カールが好きな方におすすめのカールアイロンです。

髪の長さがある程度ありますので、巻き込む髪の量が多いと、髪全体に熱が行き渡りにくくカールが出にくい場合がありますので、細かく分け取りながらアイロンを通してください。

長い時間同じ場所に当て続けると、髪が炭化しますので気をつけてください。

まとめ

オールマイティーに使いやすいのが32ミリ、次いで26ミリのカールアイロンです。

19ミリのカールアイロンは、あると便利な場合があります。

ロングスタイルでゆるふわを目指したい方は38ミリに挑戦してみるのも良いかもしれません。

家電量販店には様々なカールアイロンがありますが、やはり使い勝手が良いのは美容院専門のカールアイロンです↓

ヘアアイロン・カールアイロン美容院おすすめ商品!アイビルvsクレイツ

美容院の予約はポイントも貯まるhotpepperから↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です