なぜ美容院のシャンプーは気持ち良いのか?!セルフシャンプーとの違い【頭皮の硬い方へ】

美容院でシャンプーしてもらうとなぜ気持ちよいのか?

自分自身でシャンプーをしても、美容院でシャンプーしてもらうほど気持ちよくならないのは、シャンプーの仕方に違いがあるのでしょうか?今回はシャンプーと感覚の違いのお話です。

1fd2a3154da0342480feb9e658f22da6_s

美容師さんのシャンプーとセルフシャンプーの違い

美容院では、入った当初のアシスタントさんがまず初めに教わるのが【シャンプー】です。

アシスタントさんは、朝から夜までシャンプーに追われる1日を過ごす方も少なくなく、このシャンプーの仕方が上手に出来ないと【腱鞘炎】になってしまいます。

上手なシャンプーと下手なシャンプーの違いは、【手首に力が入っているかどうか】です。

手首がガチガチに固まって力でシャンプーをしていたら、ゴシゴシとした強い感覚のみであまり気持ちよいシャンプーにはなりません。

上手なシャンプーは手首の回転を利用して指先の指の腹で力をコントロールしてシャンプーをすると気持ちよいシャンプーの仕方になります。

シャンプーの仕方図03

シャンプーの仕方図04

自宅でシャンプーをする場合は、美容師さんのように細かな力の入れ具合など気にせずシャンプーをしていると思います。

美容師さんとセルフシャンプーの違いはこのような点です。

詳しくはこちらを参考にしてみて下さい↓

【美容師】腱鞘炎にならない為のシャンプーの仕方と考察【アシスタントさん用】

ですが・・・実は!美容師さんも自宅で自分の頭をシャンプーしても、お客さんが感じるほど気持ちよくはないのです。

なぜ、自分自身でシャンプーしても美容院でしてもらうほど気持ちよいとは感じないのでしょうか?

スポンサーリンク

人の感覚の不思議 ~ 触覚 ~

自分自身でシャンプーをしてもそれほど気持ちよくない理由は、人の感覚神経にあります。

気を抜いている時に、後ろから誰かに触られるとビックリしますよね?

【触覚】という触れられる事に対する反応は、自身が持つアンテナの一つです。

この【触覚】という感覚は上手いこと出来ているもので、誰かに触られると敏感に感じるのですが、自分自身で自分の体に触れる事は弱めの信号として脳に伝わります。

自分の手などがふいに体の他の部位に当たってビックリする、なんて事の無いように自然とそのような感覚になっているのです。

自宅でシャンプーをする場合は、ちょっと強すぎるかも、と思うくらいの力を入れると他人にシャンプーしてもらう感覚に少し近くなるように感じるでしょう。

ですが、やりすぎは頭皮を傷つけてしまいますので気をつけてくださいね。

頭には筋肉が無い?!血行が髪の健康を左右する。

実際には、筋肉が全く無いわけではないのですが、頭頂部の皮膚を自分で動かそうとしても動かせないと思います。

髪の毛は、【血液】から栄養をもらって生えてきます。

頭の皮膚は自分自身でマッサージをして血行を良くしてあげるしか出来ないので、シャンプーが重要になってくるのです。

シャンプーは、髪の毛を洗うというよりも頭皮の血行を良くしてあげる為に頭皮をマッサージする感覚でシャンプーをしてあげると良いでしょう。

薄毛・細毛対策にも

髪を健康に維持する為には、栄養素では【亜鉛・ビタミンC】などを含む食材をバランス良く摂取する事や、十分な睡眠を取る、ストレスをあまり抱えない生活をする、など色々ありますが、【頭皮をマッサージ】して血行を良くしてあげる事も重要なポイントです。

普段は簡単にシャンプーを終わらせているようでしたら、少し時間をかけて丁寧にマッサージするようにシャンプーしてみるのもどうでしょうか?

頭皮のツッパリが取れると少し若返ったように感じられるはずです♪

頭皮マッサージの役割

・頭皮の血行を良くする

・眼精疲労や肩こりの減少

・神経系やホルモン系の神経が集まっており、全身が活性化する

・美肌効果

頭皮環境は、実は体に様々な影響を与えてくれる重要なポイントですので少しお手入れをしてみるのも良いかと思います。

モミダッシュ


TWINBIRD 頭皮洗浄ブラシ モミダッシュFLEX パールピンク SH-2798P

頭皮洗浄ブラシとしての使用方法の他に、ヘッドスパクリームを使って自宅でヘッドスパも出来る優れもの。

インボーテ フィンガーヘッドスパ


INBEAUTE FingerHeadSpa (インボーテ フィンガーヘッドスパ) ブラック

電動歯ブラシのような振動ですが、頭皮を柔かくマッサージしてくれる商品です。

頭皮が突っ張って硬い方は使ってみる価値はあるかもしれません。

美容院の予約はポイントも貯まるhotpepperから↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です