くせ毛を治す方法?!髪型を決めるのはシャンプーだけじゃない!?【本音】

くせ毛って治るの?そもそも、くせ毛の正体って一体何なのでしょう?

f7e13497400f0a6606068388eab9b2c9_s

くせ毛には、『治らないくせ毛』と『改善の余地のあるくせ毛』があります。

くせ毛になる原因が何通りかありますので、ケース別に見ていきましょう。

そもそも、なぜストレート毛とくせ毛があるのでしょうか?

治らないくせ毛

・遺伝性のクセ毛

遺伝性のくせ毛の正体は、毛穴の形にあります。

くせ毛図

髪の毛は、毛穴の中の毛根から生えてきますが、その毛穴の形がそのままストレート毛やくせ毛として成長してくる訳です。

このケースは、毛穴の形を治す事は出来ないので『治らないくせ毛』になります。

くせ毛の特徴として、髪を構成する成分が片寄って成長する事で、髪が乾燥しやすくなっています。

トリートメントなどで保湿する事で、落ち着かせる事が重要となってきます。

・年齢による髪質の変化

髪の毛は年齢と共に『太さ』が変わってきます。

生まれたばかりの赤ちゃんは 細くやわらかい髪質

成長するにしたがって赤ちゃんの頃よりは しっかりとハリのある髪質

やがて年を取ってくると 徐々に細くなってきます。

細い → 太い → 細い

この、年齢と共に変わる髪質によってもクセの出方は変わってきます。

子供の頃はクセ毛だったけど徐々に収まってきた人や

年を取って、徐々にクセが出始めた人など様々です。

前髪など髪の毛の細い部分にもくせは強く現れますよね。

このケースも、髪本来のくせが出てきているので『治らないくせ毛』となります。

改善の余地のあるくせ毛

・毛穴詰まり

二つ目の原因としては、毛穴の詰まり。

頭皮の油汚れや、日々のホコリや汚れによって毛穴が詰まって

まっすぐ髪の毛が成長できない状態になっている場合です。

遺伝性のくせ毛の図のように、汚れによって毛穴が真っ直ぐじゃない状態になっている訳ですね。しっかりと毛穴の詰まりを取る事で改善の余地はあります。

・栄養不足

髪の毛は、血液から栄養をもらって成長します。

頭皮をマッサージして、血行を良くするのも髪に栄養素を行き渡らせる為ですね。

これが、過剰なダイエットをしたり、栄養バランスの悪い食生活をしていると

しっかりとした髪が育たない事でクセ毛になってしまうケースがあります。

栄養バランスが崩れると、髪や爪などはまず真っ先に影響が現れやすい場所だと言われています。

このケースは、そもそも髪を構成する栄養が足りていないという事ですので改善の余地はあります。

・ホルモンバランスの乱れ

髪の成長は女性ホルモンの影響を強く受けます。

これが、ストレスや薬の影響などで女性ホルモンのバランスが崩れると、髪質の変化に繋がるケースもあります。

こちらも、生活を見直す事で改善の余地があると言えます。

育毛剤の中にはザクロエキス入りをうたっている商品がありますが、ザクロに含まれる成分が女性ホルモンに似ている為、育毛剤として販売していますが、効果の程は・・・外から塗る物だったりしますので定かではありません。

スポンサーリンク

『改善の余地のあるくせ毛』の改善方法

・睡眠をしっかりと取る。夜10時~深夜2時の間が一番、ホルモンバランスを整えてくれる時間だと言われています。

・栄養バランスをしっかりと取る。

髪に必要な栄養とは、「タンパク質」「ビタミン」「亜鉛」です。

これらの成分をしっかりと摂取する事が必要ですが、安いサプリメントで取る事は止めてください。それはまた別の記事で書いてゆきます。

「タンパク質」

~髪を構成する主成分~

動物性タンパク質、肉・魚・卵、植物性タンパク質、豆腐や納豆、豆類

「ビタミン」

~細胞の代謝活動促進~

レバー、肉類、青魚、サケ、マグロ、ウナギ、卵、大豆、乳製品、バナナ、ナッツ

~血管の拡張作用~

魚介類、ごま、マーガリン、植物脂

「亜鉛」

~ビタミン吸収の効率化~

レバー、肉類、牡蠣、魚介類、ウナギ、アーモンド、チーズ

改善方法は、規則正しい食生活を心がけるというシンプルなものですね。

日々のケアでの改善方法

・シャンプーをアミノ酸系の洗浄力の優しいシャンプーにする。

安い石油系のシャンプーは洗浄力が強く、油分を髪から奪いすぎてパサパサにしてしまいます。

また、くせ毛はダメージを受けやすい髪質でもありますので、洗浄力の強いシャンプーは髪のコンディションをさらに悪くしてゆきます。

シャンプーボトルの内容成分に『ラウリル硫酸』と書いてあったらシャンプーを変える事をオススメします。

・トリートメントを保湿力の高い物にする。

クセのある髪の毛は成長段階から乾燥しやすい作りになっています。

髪の内部にしっかりと浸透するトリートメントは、髪の広がりを押さえ

しっとりさせる事で、一日落ち着き手入れもしやすくなります。

・流さないトリートメントも使う。

お風呂のトリートメントは、髪の内部に浸透しシットリさせてくれます。

それとは別に、流さないトリートメントは髪の表面を油分でコーティングしてくれますので、髪を乾燥から防ぎ、適度な潤いを髪に閉じ込めてくれます。

<< 美容師目線での髪質改善商品 >>

・シャンプー

AROMAKIFI(アロマキフィ) ダメージケア シャンプー ローズ&ジャスミン

\1620 500ml

様々なくせ毛用シャンプーが有りますが、これはくせ毛専用シャンプーではありません。

一般使用として、コストパフォーマンスが高く保湿力もあるシャンプーです。

私の考えとしては、シャンプーは毎日使う物ですから出来るだけ安く毎日使える物。髪や頭皮に優しい物を使い、逆にトリートメントでしっかりと保湿してあげる事で、くせで広がりやすい方は過ごしやすくなるのでオススメしています。

保湿成分:アフリカマンゴノキバター

洗剤の種類:ココイルメチルタウリンNa

低刺激、適度な洗浄力。肌が弱い方にもオススメ出来る安全性。ノンシリコンシャンプーであり、頭皮にも優しく髪へのダメージケアにも特化した商品。

このシャンプーのデメリットとして、たまに頭皮に合わない人が居る事です。保湿成分が、頭皮をかゆくさせてしまうのかもしれません。

人の頭には微生物が住み着いていて、シャンプーを変える度に微生物の種類が変わります。シャンプーを変えて1週間以上してもかゆい場合はシャンプーが合ってない可能性があります。

・お風呂用トリートメント

数多くのタレントさんやモデルさんも絶賛して(美容院で)してもらってる

ハホニコ ラメラメトリートメント3点セット(業務用)

\1,4190 一見したら、高い商品に感じるかもしれません。

なぜこれをオススメするのかというと、実はとても安いトリートメントだからです。

月に1回だけ使うトリートメントなので、1回買うと数年持ちます。

くせ毛で髪が広がりやすいという人には是非使ってもらいたいと思い紹介しました。

どういう事かというと、これは美容院で施術する最高級トリートメントとまったく同じ商品だからです。業務用です。

美容院で、金額が高めのトリートメントをしたら髪がとても落ち着いたという人も多いのではないでしょうか?

美容院で1回、3000円くらいする(地域によって値段は違うと思います)トリートメントとまったく同じ商品になりますので、それを毎月自宅のお風呂でする事で、落ち着いて過ごしやすくなるという事です。
使用頻度は、1ヶ月に1回使ってもらうくらいでいいです。使いすぎには注意してください。髪がベタついてくる事があります。
1kg入りで、ロングヘアで40g使いますので、最低でも25回分。ショートなら50回分使えます。

1セット買えば、2年~4年以上使えます。

美容院で3000円するトリートメントを自宅で280円~560円くらいで出来てしまう計算になります。

使い方
トリートメントが3種類に分かれています。
1つめのトリートメントは、髪の内部に浸透するトリートメント
2つめのトリートメントは、アルコール分で髪のキューティクルを引き締める効果。(1番目のトリートメントを内部に閉じ込める)
3つめのトリートメントは、表面をコーティングするトリートメント

ここで、美容院の裏話

素人だから・・・って、あまり神経質になる事はありません。トリートメント、実は誰が付けてもそれ程大きく効果が変わるものではありません。
お湯で温めて絞ったタオルを付け終わった後、頭に巻いて5分程放置して流すと効果が高まります。

くせでお悩みの方は是非一度試してみてください。

・流さないトリートメント
ハホニコプロジュウロクユ

この流さないトリートメントは、付けすぎるとベッタリと感じてしまうほど効果が高く、髪をシットリと落ち着けてくれます。適量で使用する事で髪がサラサラに感じます。
amazonで実際使ってる人のレビュー数も多く、乾燥しやすいクセ毛の人にはオススメです。
流さないトリートメントのメリットは、そのお手軽さですので、髪をあまりお手入れされない方の普段使いとしてもあると便利です。

くせ毛の一番の天敵は乾燥です。

ある程度シットリと落ち着けてあげれば、くせも素敵なスタイルとして活きてきます。

日々のケアでしっとりと落ち着けてあげてください。

くせ毛との一番上手な付き合い方として、【乾かし方】が重要となってきます。

こちらの記事も参考にしてみてください↓

7割の方が成功する!髪の毛がはねない乾かし方・ドライヤーの使い方

美容院の予約はポイントも貯まるhotpepperから↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です