【アミノ酸系<アスパラギン>】成分一覧とオススメシャンプー・ランキング抜粋【メリット・デメリット】

【アミノ酸系<アスパラギン>】成分一覧とオススメシャンプー・ランキング抜粋【メリット・デメリット】

今回は、シャンプーの洗浄成分の一つである【アミノ酸系<アスパラギン>】シャンプーについて取り上げていきます。

市場にはさまざまなシャンプーが販売されていますが、大きく分けてシャンプーの洗浄成分・界面活性剤の種類は以下の9系統に分かれます。

  • 高級アルコール系
  • スルホコハク酸系
  • アルカリ石鹸系
  • 酸性石鹸系
  • アミノ酸系<アラニン・グルタミン・サルコシン・アスパラギン
  • ベタイン系
  • ノニオン系
  • タウリン系
  • タンパク質系(PPT系)

アミノ酸の一種であるアスパラギン酸のシャンプーには、肌の保湿効果や新陳代謝を促してくれる効果が期待できます。

洗浄力はマイルドで敏感肌の方や頭皮が乾燥しやすい方、頭皮環境の改善を目指している方にオススメの界面活性剤です。

スポンサーリンク

アミノ酸系<アスパラギン>シャンプーの原材料

ヤシ油やパーム油などから生成される、高級脂肪酸のラウリン酸とアミノ酸の一種であるアスパラギン酸から構成された界面活性剤です。

【アスパラギン酸】は疲労の回復に役立ったり、アンモニアを体外へ排出してくれる効果があります。また、アスパラガスに

アミノ酸系<アスパラギン>シャンプーの特徴

【メリット】

アミノ酸の一種であるアスパラギン酸には、水分を調整する機能がある事から、肌の保湿、新陳代謝を促す効果が期待できます。

また、敏感肌の方でも大丈夫なくらいの適度な洗浄力と豊かな起泡性のある界面活性剤です。

ベビーシャンプーやアトピー用シャンプーにもよく使用されます。

アスパラギン酸は、アスパラガスなどに含まれるうま味成分の一種としても含まれていますが、疲労を回復してくれる効果や、体から毒素であるアンモニアを排出してくれる利尿作用効果もあります。

  • 低刺激
  • 適度な洗浄力と豊かな起泡性
  • 保湿効果、新陳代謝を促す
  • アンモニアの排出効果

【デメリット】

アミノ酸系の界面活性剤は比較的高価な部類に入ります。

脂性肌の方には洗浄力に物足りなさを感じる場合があります。

界面活性剤としてのデメリットは以上ですが、飲食物としての【アスパラギン】についての文献の一つとして、アスパラギンが不足すると癌細胞の成長が妨げられるという動物実験の結果があるようです。癌治療をされている方はアスパラガスやアスパラギン酸の入った栄養ドリンクなどは控えた方が癌細胞の再発を遅らせる事ができるかもしれません。

  • 多少高価
  • 洗浄力に多少不安がある

アミノ酸系<アスパラギン>シャンプーの主成分

アミノ酸系<アスパラギン>シャンプーに使用される主な成分の一覧です。

名前 特徴
ラウロイルアスパラギン酸Na 高級脂肪酸のラウリン酸とアスパラギン酸からなる界面活性剤、低刺激、弱酸性、豊かな起泡性、程よい洗浄力

【アミノ酸系<アスパラギン>・成分別】おすすめシャンプー・ランキング抜粋

アミノ酸系<アスパラギン>のシャンプーは頭皮の保湿や新陳代謝を促してくれる効果が期待できます。乾燥肌の方や敏感肌、アトピーの方などにもオススメできる低刺激のシャンプーです。

ゲルファミリーアミノシャンプー


Pinatural(パイナチュラル) ゲルファミリーアミノシャンプーN ボトル入り 500ml

ラウロイルアスパラギン酸Naを主洗浄剤としたアミノ酸シャンプーです。

ベビーシャンプーのような低刺激でマイルドな洗浄力としっかりとした起泡性を持っています。オレンジの香りでサッパリとした爽快感のあるシャンプーです。

色々な添加物が入っていない純粋なアミノ酸系シャンプーを試してみたい方にオススメです。

【ソープオブヘアー1-RO


オブ・コスメティックス ソープオブヘア・1-RO スタンダードサイズ (ダマスクローズの香り) 265ml

高価な部類のシャンプーですが、高い効果が期待できるアミノ酸系シャンプーです。

ラウロイルメチルアラニンNaを主洗剤として、アスパラギン酸Naは補助の洗剤として配合されています。さまざまな花の天然エキスを配合し、髪の保湿とダメージケアを行ってくれるシャンプーです。
適度な洗浄力と保湿力を持ちながら、髪の毛の立ち上がりを感じる事の出来ます。アミノ酸系の低刺激なシャンプーですので敏感肌の方でも安心して使えます。
【保存版】自分に合った市販シャンプーの選び方!?誰でも簡単にプロ目線!界面活性剤一覧表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です