美容師が教えてくれない、カットの裏側?!切り直しは厳禁?!【本音】

今回は、美容師が教えてくれないカットの切り直し・お直しの裏事情です!

a0055_000504

美容院でカットをしてもらって、なんだか違うな~。もうちょっと切ってもらいたいな~。

という時も、よくあると思います。

この、『もうちょっと』をクローズアップしてゆきたいと思います!

「横の、この部分をもうちょっと・・・」

「前髪をもうちょっと・・・」

「トップの長さをもうちょっと・・・」

このあたりをもうちょっと、というように

具体的にここを、こうして欲しい。という場合は良いのですが

「全体的に、なんとなくもうちょっと・・・」

「う~ん、もっと切って!」

「やっぱり、こっちの髪型にしたい・・・」

このように、全体的に切り直すような場合

注意が必要です!

美容師さんは、お客さんとのカウンセリングでどれくらい切るかあらかじめイメージを持って切り始めます。

美容師さんの頭の中のゴールに向かって、ハサミを動かすのですね。

いざ、終盤にさしかかり、シュートを決めるため鏡を見せます。

ここで、もうちょっとこの辺切って欲しいなぁ、ぐらいならゴールの修正が効くのですが

「う~ん、もっと全体切って!」というように

全体的な切り直しを要求されると

目指していたここはゴールじゃなかったのか~!

ガラガラガラ(心の中が崩れる音

1から再スタートでまた違うゴールを目指さないといけないケースもあります

この場合、何に注意をしておいた方がいいのか?

それは

時間です

カットが一通り終わって、美容師さんが鏡を見せます

カウンセリングから、切り終わりまでにどれだけ時間が過ぎたでしょうか?

スポンサーリンク

ここで、美容院の裏事情

美容師さんが1人のお客さんに掛けるカットの時間、どれくらいだと思われますか?

都会や地方やお店の方針で色々違いはあると思いますが

カット料金1,000円 で 約10分 ぐらいを目安だと思ってください

カット料金3,000円だと、約30分

美容師さんが、一通り切り終わって鏡を見せるまでに

ある程度時間は経過しています

この時点からの再スタートだと

美容師さんも、次の予約が詰まってるのでスピードアップしなくてはなりません

当然、クオリティーも下がってしまう危険があります

そんな事言われても、もっと切ってもらいたいのにどうすればいいの?

そうならない為に、明らかにイメージと違うなと感じたら

感じた瞬間、勇気を出して言ってください

まだ時間に余裕のあるうちに

カットの途中で、伝える事がベストです!

なぜなら、美容師さんは違うゴールに向かってるかもしれないのですから

人は人の頭の中は覗けません

あなたが想い描くビジョンと、美容師さんの頭の中のビジョンが完全に一致する事の方が稀なケースだと言えるでしょう

それでも、お客様の要望を叶える為に、美容師さんは経験上培った色々なゴールの中から最適な物を提供しようとします

それでも、イメージのズレは様々な理由で生まれてきます。

そもそも、カットが違うのか、

スタイルブックの髪型にしたらシックリ来なかったのか、

切りに来たけど元々どれくらい切ろうかノープランだったのか、

美容師さんは、笑顔で対応してくれるのでついつい甘えてしまうケースもあるかもしれません

こちらの要望を何でも叶えてくれると思い、色々要望してしまうかもしれません

でも、美容院で失敗しない為には!

美容師さんの最高のパフォーマンスを引き出す為に

明確なゴールを伝え

美容師さんの持てる技術を1つのヘアスタイルに継ぎ込んでもらえるような関係を作る事です

その為には、やはり3回くらいは同じ美容師さんに切ってもらうのが良いかと思います

何回か通ううちに、自分の好みをしっかり伝え、そのつどちょっとしたニュアンスの好みを伝えてゆく事で、自分の頭の中のゴール像と、美容師さんのゴール像が徐々に一致してくるはずです。

通い慣れた美容院でも、大きなスタイルチェンジをしたい場合は、事前にイメージを持ってしっかりと美容師さんと話し合ってから切ってもらってください。

今回は『美容院のカットの裏側?!切り直しは厳禁?!』でした

美容師さんと良好な関係を保って素敵なスタイルでお過ごしください♪

【次回は】重要度★★★☆☆

1000円カットの評判下手なの?3000円美容院との違い徹底分析【本音】

 

美容院の予約はポイントも貯まるhotpepperから↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です