【乾燥・脂性】肌質別、おすすめ洗顔石鹸!ランキング抜粋。【アトピー・アレルギー】

おでこの生え際は細く柔かいうぶ毛が生える繊細な場所です。

頭皮の延長上である洗顔石鹸を選ぶ事も美容の重要なポイントの一つです。

今回は

肌質別、洗顔石鹸の選び方

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

まずは洗剤選びです。

汚れを落とす役割をするのが【界面活性剤】といわれているもの。

この界面活性剤には、天然成分のものと合成成分のものがあります。

合成界面活性剤は、洗浄力が強いものがあり肌のバリア機能を低下させてしまう恐れがあります。

肌質は人によって違うものなので、自分に合った優しい素材で作られた石鹸を選ぶ事が重要になってきます。

スポンサーリンク

石鹸選びが一番の保湿効果になる?!

肌の乾燥を防ぐ為に、化粧水をたっぷりつけたりしていませんか?

実は肌の保湿に大切なのはそこじゃないんです。

化粧水の成分の多くは【水】です。

肌には天然のバリア機能がありますが、強力な洗剤で顔を洗ったりするとバリア機能が低下する事はもちろんですが、水分を与えすぎると、水にバリア機能である保湿成分が溶け出し、水分の蒸発と共にバリア機能が低下してしまう恐れがあります。

一番の保湿は、正しい洗剤選びと正しい食生活です。

体の内側から出てくる保湿成分を守る為、正しい肌環境を整えてあげる事が一番の保湿効果に繋がるのです。

69d69022f8b927dad5b3f20399ef82b0_s

次の注目点は有効成分。

グリセリン

空気中の水分を引き寄せる力のある保湿成分の原料。

天然のグリセリンは薬や高級化粧品の 原料ります。

オレイン酸

オリーブオイルなどに含まれているオレイン酸、人間の肌にも多く含まれています。

高い保湿力がありますので、乾燥肌の人に向いている成分です。脂性肌の人はこの成分は避けた方が良いでしょう。

リノール酸

リノール酸は、さっぱり感を得たい人に良い成分です。

ごまなどに含まれるリノール酸は、肌を傷めない成分として優秀です。

パルミトレイン酸

年齢を重ね肌が乾燥しやすくなった方には、脂肪酸であるこちらが有効になります。

パルミトレイン酸は角質をコントロールし、保湿成分が豊富なので肌に潤いを与えます。

【オールマイティーに使える万能石鹸】


サヴォンドマルセイユ オリ-ブ200g

フランスの伝統を受け継いだピュアな石鹸です。オリーブオイルで作られた、アレルギー体質の方へも安全といえる商品です。数多くの口コミ投票の中、低評価が少ない点にも注目の石鹸です。

【乾燥肌の方向け石鹸】


進製作所 アルガンソープ 110g

モロッコに生育するアルガンの木に実る果実100kgから僅か2~3リットルしか採取できないとても希少なオイルと、天然ベルガモット果実油の香りが特徴の保湿成分が高い石鹸です。

クレオパトラが愛した美容オイルなどと呼ばれ、注目の高い事でも有名です。

【脂性肌の方向け石鹸】


anela アネラ マナソープ(AHA7%) 100g MANA100

脂性肌の方向けの石鹸はこちら。皮脂を取りすぎると、体は余計に皮脂を分泌しようとしてしまいます。

古い角質や余分な皮脂をきっちり洗い流しながらも保湿してくれます。

ニキビや吹き出物などにお悩みの方へもおすすめです。

髪の毛が固い・乾燥する人向け、おすすめ【洗い流さないトリートメント】!しっとり系ランキング抜粋

美容院の予約はポイントも貯まるhotpepperから↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です