【ツイストパーマとは?】美容院オーダーの注意点【失敗しない】

パーマとツイストパーマの違い?

ツイストパーマはパーマの中の1種類です。

細かく毛束をねじり、細かくワイルドな動きを出すパーマをツイストパーマと呼んでいます。

%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e%e8%a1%a8

ツイストパーマのもち

普通のパーマのもちは一般的には3ヶ月程度が目安だと思われますが、ツイストパーマは細かくねじり、パーマの中ではかなり強くカールをつけるスタイルですので、6ヶ月程度も持ちが良い事もあります。

髪は1ヶ月で約1cmほど伸びますので、新しい髪の毛が生えてくると、スタイルが変わって来ますので、髪が伸びて崩れたなと思ったらまたかけ直しの時期です。

出典元 ヘアースタジオジェイワン

スポンサーリンク

ツイストパーマの注意点

パーマ全般に言える事ですが、お風呂上りの髪が濡れている状態がパーマが自然に出ている状態です。

このカールをドライヤーの風で伸びてしまわないように乾かす事が、スタイルを綺麗に完成させるコツであり注意点です。

特にツイストパーマは、乾かしすぎてしまうと、髪がバサバサとした乾燥状態になり、爆発したような見た目になってしまうかもしれません。

スタイリング・お手入れ方法

ツイストパーマは、あまり乾かしすぎてはいけません。

髪の毛をくしゃくしゃっとゆるく握って、そこにドライヤーの熱風を優しく送って乾かしてください。

乾かしすぎてパサパサになってしまった場合は、霧吹き等で髪を濡らしてあげたり、ムースをつけてカールを復活させてあげましょう。

ツイストパーマスタイルをキレイに作るポイントは『ドライヤー』です。

熱量だけが強く、風量が無いドライヤーは髪が乾くまで時間がかかり、結果パサパサになりやすかったりします。

↓こちらは一般的な美容院でよく使われているドライヤーですが、『拡散フード テスコム』というアイテムがあります。

これは、風を分散させ髪が乾くのに必要な熱風だけを出してくれ、余計な風で髪がバサバサ飛ばないようにしてくれるものです。

ツイストパーマだけでなく、パーマスタイルを仕上げる時にあると便利なアイテムです。


nobbyマイナスイオンヘアードライヤーNB1500 ブラック

Nobby NB80 拡散フード テスコム

仕上げは、ワックスやスタイリングフォーム・ムースなどをつけてあげましょう。

何も付けないと、髪が乾燥するにつれ、パサパサで髪が広がりやすくなります。

セット剤をつける事で、ねじった毛束での動きがしっかりと出てきますので、仕上げをしっかり行いましょう。

ロレアル バランス3 スタイリングムース ハード 300g

ツイストパーマをオーダーする時の注意点

髪の毛は、カールが付くと短くなったように感じるものです。

下図を参照にしてみてください。

カールが出た分、髪の毛が上がるので、作りたいスタイル+αの髪の長さが必要となってきます。

カッコイイスタイル写真を見つけて、そのスタイルにしようと思った時は、鏡を見て髪の長さが足りてるかどうか確認してみましょう。

せっかくパーマをかけるのですから、ベストな髪の長さでパーマをかけに行った方が良いと思います。

ツイストパーマは、しっかりカールをつけるぶん、何度もかけ直しをしていると髪にダメージが蓄積してしまいます。

しっかりとスタイルと髪の長さを確認してパーマをかけに行きましょう。

髪の毛が固い・乾燥する人向け、おすすめ【洗い流さないトリートメント】!しっとり系ランキング抜粋。

パーマの種類とセルフチェック!お手入れしやすいパーマはどれ?【失敗しない】

美容院の予約はポイントも貯まるhotpepperから↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です